ゲームの窓は半開き

スマホゲームなどの紹介(アフィリエイトあり)

ディズニーの最新長編アニメ「ラーヤと龍の王国」の声の主演に抜擢された吉川愛のライトノベル好きには懐かしい過去の出演作とは

2021年3月5日公開予定のディズニーの新作アニメ映画「ラーヤと龍の王国」。

武器を持って戦うヒロインや東洋風のビジュアルなどでも注目を集める本作ですが、このたび、日本語吹き替え版のヒロイン役に女優の吉川愛(よしかわ あい)さんが選出されたことが発表されました。

eiga.com吉川さんは声優初挑戦にして主演ということで、これはある意味、大抜擢と呼べるものなのかも知れません。

ちなみに吉川さんは俳優としては、どちらかといえば主演よりも脇役として活躍されることが多く、いわゆる スター俳優を声の主演に据えて…… というのとは違う意味合いでの起用なのではないかと思われます。

(なお、今回の抜擢は、ディズニーUS本社でのオーディションを経て決定されたとのことです)。

ここ数年はTVドラマ「初めて恋をした日に読む話」や「恋はつづくよどこまでも」など話題作への出演が目立っている吉川さんですが、なんと芸能活動は3歳からという子役出身。そのため、昔からのライトノベル好きには懐かしい作品にも出演されています。

その作品とは2007年に放送されたTVドラマ「しにがみのバラッド。」。

原作はもちろん、ハセガワケイスケさんのライトノベルしにがみのバラッド。」です。

1話30分、全12話のこのドラマで、吉川さんはダニエル役として出演されています。ちなみに主演は、当時、グラビアアイドルとして活躍されていた浜田翔子さんです。

なお、当時の吉川さんは現在の芸名ではなく、吉田里琴(よしだ りこ)名義で活動されていました。ですので、吉田里琴と聞くと思い出す、という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

「ラーヤと龍の王国」の詳細や最新情報に関しましては、下記公式サイトをご参照ください。

www.disney.co.jp