幽光 別館(旧:ゲームの窓は半開き)

スマホゲームなどの紹介(アフィリエイトあり)の予定でしたが、昔の作品に関する話が多くなっています。

『ゴジラ』1作目製作の経緯と初代ゴジラのキャラクターの方向性(書籍『日本映画黄金期の影武者たち』)

ゴジラ』1作目製作の経緯と初代ゴジラのキャラクターの方向性(『日本映画黄金期の影武者たち』)

『日本映画黄金期の影武者たち』という書籍の「第四章 傑作シナリオはこうして生まれた……森栄晃」で、『ゴジラ』1作目が取り上げられており、内容を興味深く感じました。

香山滋の作品ありきではなかった

ゴジラ』1作目の原作は香山滋の小説ですが、その映画化をめざしてスタートしたのではなく

(前略)「ハリウッドの『キングコング』のような怪獣映画がつくれないか」(後略)

というのがそもそものスタート地点だったそうで。

初代ゴジラのキャラクターの方向性と香山滋作品への道

怪獣映画ということで恐竜図鑑を参考にしたり、シノプシスをいろいろと作成したそうなのですが、いずれもパッとせず。

そんな中、会議室に何枚も貼られていた怪獣の絵を見て作詞家の関沢新一が発した言葉がヒントになったのだとか。

関沢さんは怪獣の絵を見るなり「これは違うなあ。恐い怪獣を考えたらダメだ。可哀相な怪獣を考えなくちゃ」とポツンと言ってくれたのです。

ちなみに、なぜ作詞家の関沢さんが会議室にふらっと現れたのかというと、実は元々、映画の助監督だったから(児童映画で有名な清水宏監督のチーフ助監督)。

関沢さんは助言をくれただけでなく、児童映画つながりで講談社の『少年倶楽部』の編集長を紹介してくれて、そこから大正末期の『少年倶楽部』の香山滋作品との出会いへとつながっていったわけです。

また、最初の「可哀相な怪獣」というアドバイスは実際の作品にも生かされていて

  • ゴジラは水爆実験で無理矢理目覚めさせられて、その後、人間に攻撃されて自衛のために戦う
  • 可哀相な怪獣なのだから哀れっぽい鳴き声、闘う姿も哀愁のあるものに

といった方向性のキャラクターとなっているそうです。それゆえ

ゴジラは、特撮シーンでも、国会議事堂や高層ビルは壊しても、銀座、有楽町界隈を逃げまどう市民を踏みつぶしてはならない。

という不文律もあったのだとか。

 

ゴジラ』に関する部分は7ページしかないのですが、なかなか興味深く読むことができました。

ちなみに第四章では全部で8本の映画が取り上げられているのですが、その8本の中に『モスラ』も入っています。

 

漫画「 NANA 」のWヒロインのコラボフィギュア(ポップマート)(2024/05/11更新)

(この記事にはアフィリエイトが含まれています)

ポップマートに人気少女漫画「 NANA 」のWヒロインのコラボフィギュアが登場していましたので画像を貼っておきます(※画像クリックでポップマートの商品ページ)。

 

 

ギターやベルトなどは付いてきますが、背景やライティングは付いてきません(^^;

ちなみに、こちらのフィギュアのポーズは決まっておらず、関節を動かして色々なポーズを取らせることができます。画像のポーズで固定ではないので、自由にポージングさせてお気に入りのポーズを見つけてあげてください。

 

パーツ的にはこんな感じです↓

 

 

いちおう、仕様的な話もしておきますね。

高さはどちらも、約245mm。

主な素材は PVC、ABSですが、ナイロン、ポリエステル、綿、スパンデックス、ポリエステル繊維も素材に表記されていますので、小物類はそちらなのではないかと思います。

ちなみに「コラボフィギュア」というのは、ポップマートに数々のアイテムが登場している人気シリーズ SKULLPANDAとコラボしたフィギュア、ということです。

このタイミングでなぜコラボすることになったのかはよくわからないのですが、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

SKULLPANDA × Osaki Nana アクションフィギュア  

SKULLPANDA × Komatsu Nana アクションフィギュア  

(※ポップマートの商品ページへのリンクです)

ディズニーの長編アニメ映画「白雪姫」のフィギュアのアソートボックス(ポップマート)

(この記事にはアフィリエイトが含まれています)

 

ディズニーの長編アニメ映画「白雪姫」。

そのフィギュアのアソートボックスがポップマートに登場していました。

商品画像を見るかぎり、白雪姫と小人たちなどとの関係性も含め、映画版のどこか長閑(のどか)で楽しい牧歌的な雰囲気が出ているような印象を受けます。

(顔の造形や表情とかは、やっぱり、ちょっと「今風」ですかね?)

個人的に、おぉ…… と思ったのはこちらのシークレットで

 

映画の最初に出てくる、まだお城にいる時のいでたちなんですね。

(シークレット扱い=ランダム封入なので、ねらってゲットするのは難しいです(^^; )

仕様的にはノーマル6種+シークレット1種、高さは約 100mmとなっています。

興味を持たれた方はチェックしてみてください。

DISNEY Snow White Classic シリーズ【アソートボックス】

DISNEY Snow White Classic シリーズ【ピース】

ちなみに「白雪姫」の原題は「Snow White and the Seven Dwarfs」。

原題の最後の単語を見るとわかりますが、作中に登場する「小人」というのは、実は「ドワーフ(dwarf)」なんですね(ファンタジーRPGなどの種族でよく登場するアレです)。

公開当時はまんま「ドワーフ」としても「何それ??」となったと思いますから「小人」で妥当だと思うのですが、「小人って何?」となられていた方には、いや、本当はドワーフなんだよ……と(^^;

DCジャスティスリーグのキャラの子供時代をイメージしたフィギュアのアソートボックス(ポップマート)

(この記事にはアフィリエイトが含まれています)

ポップマートから DCジャスティスリーグのキャラの子供時代をイメージしたフィギュアのアソートボックスが出ていました(ピース売りもあり)。

 

個別のイメージはリンク先で確認していただくとして(※画像クリックで商品ページ)、ノーマル12種+シークレット1種の全13種です(※シークレットはフラッシュ)。

子ども時代といっても、

いやバットマンは子供のころはまだバットマンじゃ…… 

等々いろいろあるのですが、要は各キャラを少年少女の姿にしたということで、ある意味、ちびキャラの変形のようなものと考えればよいのかもしれません。

ヒーロー、ヒロインといいつつ、なぜかジョーカーも入っている謎構成ですが(^^; 興味を持たれた方はチェックしてみてください。

DC Justice League Childhood シリーズ【アソートボックス】  

DC Justice League Childhood シリーズ【ピース】  

ソニック・ザ・ヘッジホッグ、バイクレースでチェッカーフラッグを振る(MotoGP アメリカ大会)

世界各地を転戦するバイクの超有名レース MotoGP(モトGP)のアメリカ大会で、1位がゴールする際にチェッカーフラッグを振る役割をソニック(の着ぐるみ)が担っていました。

(レース自体もバトル多めで充実の内容♪)