ゲームの窓は半開き

スマホゲームなどの紹介(アフィリエイトあり)の予定でしたが、昔の作品に関する話が多くなっています。

懐かしのアーケード筐体の復刻版がミニサイズで登場! 「アストロシティミニ」(セガトイズ)

数々のヒット作をひっさげて1990年代に一世を風靡したセガのアーケード筐体「アストロシティ」の復刻版が、家庭で遊べるゲーム機としてミニサイズで登場しています。

ミニ版だけあって本体のサイズも、幅130 × 高170 × 奥170mmとコンパクト。本体自体にモニター、ジョイスティック、6ボタンが付いていますから、電源につなげばそのままプレイすることが可能です。

ただし同梱物は、本体、電源用USBケーブル、HDMIケーブル、取扱説明書のみとなっていますので、USBから電源をとれない環境の方は、別途ACアダプターを購入する必要があります(USB対応のACアダプターで、出力が5V / 2.0A / 5Wのもの)。

ちなみに6ボタンの素材は当時と同じ素材を使用、ジョイスティックの基本設計も忠実に再現されているとのことです。

周辺機器としてアーケードスティックやコントロールパッドも発売されていますから、そちらを使用されるのもよいでしょう。

気になる収録タイトルは、往年の名だたるゲームが36タイトル、筐体出荷時に付属していたテスト用基板のゲーム「ドットクリン」が1タイトルの、計37タイトル。

「ドットクリン」以外の収録タイトルは、

となっています(順不同)。

また、ゲーム自体とは関係ありませんが、ゲームセンターの雰囲気を出すための関連商品も発売されていますので、興味をお持ちの方はこちらもチェックしてみて下さい。

(※筐体のベース、椅子、インストラクションパネルのセットです)。